小規模企業共済のメリット

エンジニアが独立する際は、将来を考えたお金の管理をしなければなりません。老後の生活について特に懸念しておいた方がよく、企業に勤めているのとは大きな違いがあります。

独立すると国民年金に入ることになるので、共済年金に比べて老後に受け取れる年金が少なめになりがちです。また、個人事業主になると退職金という福利厚生は得られないので、退職したときに一時金として役に立つ大きな資金を獲得できることはありません。

そのため、自分の収入の一部を使って老後の準備をしておく必要があります。
年金については個人年金保険に加入することで対策するのが一般的な方法であり、保険料の一部は会計処理上で控除することが可能です。

一方、退職金に関して有用なのが小規模企業共済であり、多くのエンジニアが個人事業主になってから利用しています。
小規模企業共済は、毎月掛け金を払うことで老後になってから退職金に相当するお金を手に入れられるものです。

小規模企業共済を活用すると個人事業主でも退職金を用意できますが、この共済を利用するメリットは控除を受けやすい点にもあります。掛け金の全額を控除することができるので、会計処理上で大きなメリットがあるのが特徴です。
掛け金を増やすほど老後の足しになるお金を安心できる形で積み立てることができ、かつ税額も減らしやすくなります。
小規模企業共済は毎月の掛け金に上限がありますが、可能な範囲で十分に払っておくと資産を大きくしやすいでしょう。